no-image

漫画やアニメの業界関係者は、共同して違法サイトに情報開示請求すべき

漫画村の運営者が摘発されたとニュースになっています。おそらく遠くないうちに運営者は逮捕されるでしょう。

これは特にすごいテクニックを使ったわけではなく(弁護士の方は優秀ですが)、お金さえあれば誰でもできることです。データをホスティングしているサーバ会社に著作権違反で開示請求したというだけです。国外にサーバを置かれると手間も費用もかかるので、個人が負担するのは厳しいかもしれません。しかし企業が協力してお金を出し合えば、十分可能な額です。

ここにはあげませんが、他にも漫画・アニメ系の違法サイトは数多くあります。それらのうちいくつかは、情報開示請求があっても無視したり、そももそも情報開示制度がない国に位置しているかもしれず、そうすると手が出せません。しかしほとんどのサイトは(これまで日本人や日本企業がやってこなかったので)そこまで気にしていない可能性が高い。そういうサイトはすべて潰せます。少なくともアメリカはアメリカ法に基づいて手続きすれば開示をしますので、アメリカにホスティングしているサービスはすべて潰せるでしょう。

一番悪いのは違法サイトの運営者ですが、これまで積極的な措置を取ってこなかった業界にも責任があります。自衛しないと悪人に攻められることは当然で、自衛もせずに文句だけ言っても世の中は変わりません。前例ができたわけですし、業界には迅速な行動を望みます。